浦村牡蠣の安全性

浦村の生食用かきが安心な理由(わけ)

理由1 海水を用いて長時間浄化しています。

かき(生食用殻付き・むき身)全てに浄化をしております。
美しいリアス式海岸で育ったみえのカキは、bvb出荷前に紫外線で殺菌された海水を用い18時間以上浄化しています。

浄化1浄化2

理由2 ウイルス調査を毎週行っています。

かきの出荷シーズン中は毎週、採取海域の海洋調査やウィルスの保有状況を調べて対応しています。
三重県伊勢保健所は鳥羽磯部漁協と協働して採取海域の海洋調査を行っております。調査をもとに浦村のかきは、より安全な対応に努めています。

理由3 みえのカキ安心協議会の「安心マーク」付き

かきの出荷シーズン中は毎週、採取海域の海洋調査やウィルスの保有状況を調べ対応しています。生食用カキの国の規格基準(成分規格・加工基準・保存基準)に加え「三重県カキ指導要領」にて衛生管理をしています。また、HACCPの手法に基づく作業手順により生産・出荷した生食用カキの浦村かきについては、みえのカキ安心協議会が安心マークを貼付しています。

HACCPとは

従来、食品の安全性の確認は、主に最終製品の抜取り調査(微生物の培養検査等)により行われてきました。抜き取り調査だけの場合、危険な食品が市場に出て食中毒を引き起こす可能性を排除することができません。

これに対してHACCP方式は、これらの考え方ややり方に加え、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点(CCP)を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録(モニタリング)し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するので、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。

みえのカキ

※三重の牡蠣すべてに安心マークが貼付されているわけではありません。安心マークを確認の上、ご購入してください。
なお、安心マークは品質管理を重視したものであり、必ずしも安全を保証するものではありません。